読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

今日はけっこう遅く起きてしまった……。すぐに外出して、先週から学内システムにログインできなくなっていることについて相談しにいった。結局、私がパスワードを変更していたことを忘れてしまっていたことが原因だったことがわかった。

その後スライド修正などをして帰宅。途中寄り道しようと思ってsmkで電車を降りた。東の空がいい具合に綺麗だったので、今のこの時間に空が広く見えるところで見たいなと思い、smkの高いビルに行こうかなと考えたのだけれど、そこはあんまり落ち着いて見られる場所ではなかったことを思い出して、efcで見ようと決め、そのまま急行に乗り換えてefcに行った。降りて薬局に行ったりなんだりしていて少し時間はたったけれど、綺麗な空が見れてよかった。思っていた色からはかなり変わっていたけれど。

その後パン屋さんに寄って、お店の中でパンをたべた。あるパンをすごーくたべたい気分になっていて、ちょうどおなかがすいていたから。駅についてすぐにウィンドウ越しにお目当てのパンを確認していて、その時は4つ残っていたのだけれど、薬局に寄ったり空を見たり缶詰を買ったりしているうちに売り切れてしまっていた。他のパンがおいしそうだったので、それをたべることにした。パン・オ・レザン。美味しかった。ヨーグルトドリンクと一緒に飲んだ。ヨーグルトとレーズンとパンの発酵した風味って合うな、と思った。

夕食どきかその少し前、という時間帯に行ったのだけれど、その時間帯にそのパンが短い間に4つも売れていたことに少しびっくりした。夕食前のおやつっていう軽さのパンではないし、甘いパンで食事に合うようなものでもない。同じ人が4つ買ったのか、ばらばらの人が買ったのか、冷凍したりするのかな、ごはんにするのかな、…などと想像したりした。

しばらくPCを開いて"色んなことオーガナイズ遊び"をした。そういえば、私の隣の隣に座っている男女二人組は、先日もそのパン屋さんで見かけた人たちだった。先日見かけたとき、その男性の方が秘密にしたほうがよさそうなことをたくさん話していたのだけれど、今日もそうだった。私にはその内容が、何となくフィクションっぽいな、と思った。その知識があれば少なからず利益を出せる人が存在するとは思うのだけれど、私がそれを使ってどうこう出来る知識ではなく、"ゆえに"、私にとってその知識は他の事実と関係ない(ゆえに、とつなげてしまうところに、私が今その手の利益を出すゲームにはまっていることを感じるな)。他の事実と関係ないため、それが事実であるかどうかが他の事実を変えず、かつ、話の文脈の中だけで閉じているところが、フィクションっぽい。私の思う現実世界から独立していて、かつ、そこもちゃんと世界が存在する、みたいな感じなのかな? 最近は、見るもの聞くもの全てを出来るだけ多くのお金にしたい、というか、どうにか加工して然るべき人に提示することで価値を増大させられないか考えることが好き。

とりあえず終わります。