追記的な

そういえば、ここ10ヶ月ほど、あるアーティストのファンになっていました。今まで興味を持った対象とは全く違うジャンルにある対象なので、これまでに考えることのなかったことについて考える機会も多くありました。作品を鑑賞するよりもむしろ、そのアーティストに纏わる人々の動きを観察したりだとか、アーティストとはファンとは何かと考えたり、その中に身を置いたときの自分の心の動きを体感することの方をより楽しんでいたかもしれません。それを通じて、社会や人間のことについて今までになくリアルに、集中して考えることが出来ました。本当に、好きこそ物の上手なれって感じですねっ

こんなに沢山心を動かしてくれた人々に感謝しています。